-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-08-13 23:24 | カテゴリ:我が家の万博日記
8月9日にガスパビリオンでボヤが起き、テレビでそのニュースが流れるたびに「コージ君は?」「コージ君は大丈夫?」と言うようになった娘。12日はガスパビリオンの中には入らず、様子だけ見て通り過ぎてしまったけど、再びガスパビリオンの生の姿を見て、娘の心に大きな変化があったようです。それからさらに「コージ君は?コージ君は?」と何度も言っているものだから、
「そんなに心配なら、コージ君に手紙でも書いて、大丈夫か聞いてみたら?」
・・・と、私が娘に提案してみました。

ちょうどお盆休みの真っ最中。毎日でも万博会場へ行ける状態でしたし、ガスパビスタッフブログを読んで、アテンダントさんにお願いすれば、手紙は届けてもらえるのではないかと思いました。本郷コージ君の日記も見つけ、やけどをしたコージ君と一緒に住んでいることも知りました。きっと何とか、ご本人には届くだろうと思えました。

「うん!お手紙書く~!」
とその気になった娘ですが、まだひらがなも学校で習ったばかりでろくに書けなくて、もちろん手紙なんて今まで一度も書いたことがありません。書いたこともない「コージ」というカタカナだけは、別の紙に何度も書いて練習しました。そして私が横でつきっきりで、一字一字教えながら、たった数行のお手紙を書くのに3時間・・・!!果たして、コージ君が読めるのかどうかも謎の手紙が出来上がりました。これで言いたいことが伝わるのか、あまりにも不安だったので、私が解説書を一枚つけました(^_^;)。

そして明日14日には万博会場へ行く予定になっていたので「この手紙をコージ君に渡すぞ~!」(と言ってもご本人はお休みですが・・・)と意気込んだ我らだったのでした。

(記事作成 ミニコジの母 : 2006年1月29日(日) 17:14)
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://flintfirefoo.blog.fc2.com/tb.php/60-b5c4ae51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。