-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-28 20:08 | カテゴリ:万博後の我が家
うごーーーーーーーーっっ!!

うわーーーーーーーーーっっ!!



マジでぇ???!!!


二人で出かけようとして、一緒に郵便受けを見た娘と私の反応・・・。

前回は東京と愛知を3日で往復したらしいが、今回は往路が数分だったので、復路に2日。いや、正確には1日と少しだ。早い。早すぎる。

すげーーーーーーー、

すげーーーーーーーー、

すげーーーーーーーーっっ。


二人でしばらく驚きが止まらなかった。

「これはすごい!!スピードリストに書いとこう。」と娘。
娘は最近、何でも自分のリストに加えていくのが流行。
おいしいものを食べたら「おいしいものリスト」に加えるとか。
往路の後の、ハンバーガー、ベッカーズはおいしいものリストに加えられている。

とにかく凄いのはスピードだけではない。

歌が一番上手なコージ君は、
字も一番きれいで、
スピードも一番早くて(早いなんてもんじゃない、世界記録だ、こりゃ。)
絵も一番上手らしい。

コージ君最高~♪♪
娘だけでなく、益々コージワールドにはまり込んだまま抜け出せなくなっていく自分を最近とても感じるのだった。


スポンサーサイト
2006-11-26 23:04 | カテゴリ:万博後の我が家
昨日と今日は、娘が待ちに待った東京へ。再会の旅に出ました。

目的そのものが素晴らしかったのは言うまでもなく、本物元コージ君を目の前にして、一言も話せず、緊張のあまり固まる娘・・・。

元コージの二人に手を振り別れた後、一言目に娘が言ったのは、
「この手は絶対洗わないから~っっ!!」
と、二人にしっかり握ってもらった手。

それを帰りの地下鉄の駅のトイレでうっかり洗ってしまい、娘、撃沈・・・。
それから帰りの地下鉄での我ら親子の会話。

娘「お母さんに、河田くんを私にくださいって言えばよかった。」
(それは逆だろ、普通。先程まで無言だったとは思えぬ変貌ぶり。)
母「早まるなよ。他のコージ君はどうすんのよ?!」
娘「・・・・・・・・・他のコージ君も欲しい。」
母「だから、ひとりだけしか無理だって言ってるでしょうがっ!」
(本当はひとりでも無理と言いたい。)
娘「えーーーーーーっ。そんなぁ・・・・。」

そして思わず、先程見た演劇の内容と娘の言ってることが見事に重なり、絶句する母であった。

翌日、もうひとりの元コージ君を訪ねたが、こちらが変な時間に行ったため再会ならず。東京での予定を全て終えて、「さ、帰ろう!」と新幹線の駅に向かおうとしたその時、娘が突然道端に座り込んで泣き出した。

「いやだ~。帰りたくない。ずっとここにいたい~。」と。
何とか手を引き歩き出したものの、ずーっと泣いてる。

万博でコージ君たちと別れて、長い時間をかけてようやく再会したものの、すぐまた別れ。気持ちはわかるが、東京と名古屋、遠く離れていれば仕方がないんだよね。娘があまりにずっと泣いているから、万博でお別れした時の淋しさがよぎって、新幹線のホームで、ついに私まで娘と一緒になって泣いてしまいました。

コージ君たち、ありがとう。娘はこんなんだから、また会いに来るからね。

2006-11-19 01:44 | カテゴリ:万博後の我が家
最近、コージ君のメガネ(格子柄の白×黒メガネ)が流行していると私は感じています。

1年以上前、娘のためにコージ君のメガネをあちこち探した時には、どこにもなかったし、誰もあんなメガネをかけているのを見たことがなかった。模様なしの真っ白なフレームさえめったに見かけなかったのです。(というのは、白いフレームのメガネがあれば、マジックで格子柄を描き込めばコージメガネになると思って、同時に探していたから)

ところが最近、テレビを見ていると、アナウンサーやタレントさんが、正面は真っ白で、横の部分だけが白黒格子になっているメガネをかけているのを時々見かけるのです。ちょっとずつデザインが違っているので、色々なタイプが出ているのだと思いました。

そして昨日、名古屋市内の某ショッピングセンターでお買い物をしていたら、ウインドー越しにコージ君のメガネとそっくりなのを発見!!
「おおっ!!コージ君のメガネ!!」
と、急いで娘とメガネ店の店内に入り、じっくり見て来ました。
それは正に、コージ君とそっくり。透明なフレームに、黒で格子柄が全体に入っています。格子柄のパターンも何種類かあるし、フレームの形も色々な種類がありました。それと同時に真っ白いフレームのもたくさんありました!!

コージメガネが最近の流行になってきているのを感じましたねぇ・・・!!

しかしミニコージ娘はえらく不満のようです。
あのメガネはコージ君と自分だけがしているものだと思っていたのに、世間一般の人がかけるようになると、「コージ君と自分だけのもの」でなくなってしまうようで、すごく悔しいらしいです。テレビでそんなメガネをかけている人を見るたびに怒りまくっています・・・。私はいい傾向だと思ったんだけどなぁ。コージ君が流行の最先端みたいでね。


2006-11-15 00:28 | カテゴリ:万博後の我が家
先日テレビを見ていた息子が突然
「お母さん!オペラだよ、オペラ!」
と呼ぶので、見に行くと
テレビの画面にはオーケストラが演奏している様子が映っていた。

「オペラ歌手とか歌ってないやん!どこがオペラなのよ?」
と言いつつ、しばらくその演奏の模様を見ていて
なんとなーく、聞き覚えのある曲のような気がしてきた。

で、
「おあっ、この曲はもしや・・・」
「ラ・ボエームなのでは~??」

と、ようやく気付いた私であった。
一瞬にして、あれがオペラの曲であることに気づいた息子はエライ。
元コージ君が出演する以外に何の興味もないかもと思いつつも、生のオペラを見せておいて良かったと最近思うのでした。確かに子供たちにとっての教養になっているらしい。

最近ではテレビでオペラなんかをやっていると
「お母さん、オペラやってるよ!」と私を呼びに来る子供ですが、オペラを見せる前は「お母さん、時代劇やってるよ!」と、呼びにきていた子供達・・・。オペラが気になる状態は、きっと元コージ君の次の舞台とかあるまでは続くんでしょうかねぇ。次の舞台は何でしょうね。楽しみにしてまーす。



2006-11-03 23:51 | カテゴリ:万博後の我が家
栄と伏見の中間くらいにある貨幣資館横の駐車場の壁には、ガスパビリオンの展望広場のウッドデッキが使用されています。

何度かそこを通っては、じーっと壁を見つめている怪しい私なのですが(^_^;)今回は初めて娘をその場に連れて行き、写真も撮る事ができました。

コージ君が通り、アテンダントさんがその上を歩き、スタッフのお兄さんが立っていた、そして私達が何度も踏みしめたそのウッドデッキは、今ここにあります。

ガスパビリオンのウッドデッキ

ガスパビのウッドデッキ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。