-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-25 23:47 | カテゴリ:万博後の我が家
いよいよGyaoで放送中の韓国ドラマ「マジック」が今週の配信で最終話です。

最終話にはね、ソンモくん(ヤン・ジヌ)がプロマジシャンになって、初めての舞台に立つシーンがありました。なんだかな~、それを見てたら、コージ君が立派なマジシャンになって、自分の舞台をやる日とイメージが見事に重なりましたよ!超、感動~~~!!涙の嵐。(もちろん、ドラマの本筋も良かった~。いい終わり方でした。)

ガスパビのコージ君は本当に危なっかしくて、本当はまだ未熟なのに強引に舞台に立たされて、マジックのネタが見えちゃったりしながら、必死で何とか舞台をやり遂げる姿がとってもかわいいし、いじらしいのよね~

そんなコージ君も、何年か修行を重ねて、いつかあんな風に自信を持って自分のマジックショーの舞台に立つ日が来るんだな~なんて、想像してしまいました。ホント、そんな未来のコージ君を見てみたいね。ガスパビ、コージは心の中に永遠なり。
スポンサーサイト
2006-06-24 22:59 | カテゴリ:お知らせ
2005年8月20日の我が家の万博日記を更新しました。

どんどん長くなり、とりとめのない日記になってきたような・・・。
お暇な方はどうぞ。

2006-06-24 21:31 | カテゴリ:万博後の我が家
先程テレビでやってました。
忘れたことを思い出そうとする時には、脳はドーパミンを放出し、脳の活性化につながり、それを思い出した瞬間のすっきりした状態を「アハ体験」と言うんだそうです。そして、その「アハ体験」をすることがさらに脳を活性化するんだとか?

おとついの夕飯何食べた?とか、小学校の担任の先生の名前とか、○月○日は何をしていたか?とか、何でもいいんですよ。

その話を聞いて思いました。私がこのブログを書くときには、相当な量のドーパミンが発生して脳を活性化しているってこと!なんたってもう一年位前の愛・地球博での出来事を消えかかった記憶の中からひとつひとつ思い出して、一年前の日記を書こうとしてるんですからね~。

○月○日の○時にはコモン○で撮った写真があるから、ああ、この日に入ったのは○○館と○○館だ!それで○時にコージ君と撮った写真があるから、確か北ゲートからコモン○まではIMTSで移動したよな。○時にコモン○にいたってことは夕食は○○だったな・・・・ってな感じに糸をつなぐように思い出していくのです。そして、それがきれいにつながった瞬間、「アハ体験」をしてるわけですね。

最近ド忘れも激しくて、脳の衰えが心配な年頃なのですが(T_T)、意外にもブログに地球博の日記を書くことで脳が活性化され、思い出も残せるなんて一石二鳥じゃありませんか・・・!


2006-06-18 01:38 | カテゴリ:お知らせ
ここのブログは、前の日付で日記を更新しても、更新したと言うことがどこにも出ないので、お知らせすることにしました。

過去の日記は徐々に更新中!
2005年8月14日の万博日記を新しく書きました。

やたら長いけど、良かったら見てね!
2006-06-17 02:34 | カテゴリ:万博後の我が家
ある日、いつものようにコージ君関係のHPをあちこち巡っていた私。
○田さんの日記に、ひでなおコージ君の新しい写真を発見し、娘を呼ぶ。
「見て見て~、最近のひでなおくんだよ~♪」

いつもなら満面の笑みで喜ぶはずの娘が、微妙な顔をして固まっている。
「ひでなおくん・・・、ひげはえてる・・・。」

確かにうっすらとヒゲが見えるには見えるが、
「男の人だから、ヒゲくらいはえるでしょう。忙しくて剃れない日もあるかもしれないよ。」
と、なだめてみるが、まだ固まってる。

「なに?ひげはえてたらダメなの?」
「ひげはえてたら、コージ君キライになっちゃうの?」
と聞いてみたら、
「ううん。それでもコージ君は好きだよ。」
と答えるものの、娘の顔からは完全に笑みが消えている。
乙女心は微妙らしい。

しばらくそんな事は忘れていた私だったが、今日また○田さんの日記にて、新しいコージ君の写真を発見。相変わらずかわいい河ちゃんの横には、ん???
さらに濃くなってる・・・??

さすがに今日は娘を呼べない私でした。
もしかして、次の役に必要なのではと思ったりもしてみるが。

2006-06-05 22:59 | カテゴリ:万博後の我が家
今日仕事の帰りに伏見に用事があって行った。
ついでにガスパビのウッドデッキを見てみようと、栄まで歩いて帰ることにした。

ガスパビリオンの展望広場で使われていたウッドデッキは、伏見と栄の間くらいにあるUFJ貨幣資料館の駐車場の壁に再利用されている。話には聞いていたけど、実物を見るのはこれが初めて!

その場所はすぐにわかった。駐車場の壁一面に、確かに見覚えのある、あのウッドデッキが使われていて、「愛・地球博で使用したウッドデッキを再利用しています。」と、デカデカと書かれていた。(ガスパビリオンとはどこにも書いてないのが淋しいような、秘密を持ったみたいでうれしいような・・・。)
関係者しか入れなさそうな雰囲気の駐車場だったけど、ずうずうしく奥まで入っていって、じっくりと見学してきた。

展望広場での思い出が次々と思い出された。
娘と息子と自分が何度も踏みしめたあのウッドデッキ。
コージ君たちがあの上で練習したり、アテンダントさんと、スタッフのお兄さん達が毎日あのウッドデッキの上に立って、通ってガスパビの日々を過ごした。どこかにコージ君の足跡でも残ってないかな~なんて思ったけど、見つけられるはずもなく、感慨にひたった私でした。

今日はデジカメを持っていなくて残念でした。
今度行く時にはぜひ写真でお見せしたいです。
2006-06-02 00:00 | カテゴリ:万博後の我が家
最近名古屋の地下鉄駅構内は、○邦ガス様のポスターであふれてる。
あっちもこっちも中村雅俊さんだらけ。

ポスターは何種類かあるが、中でも一番気に入ったコピーが入ってるポスターは
「やっぱり火のある暮らしがいいね。」
ってやつ。

ガスパビを愛してから、ガスのライバルがやたら気になる。
以前はちょっといいかななんて思ってた"オール電○"のCMなんかも、見るたびムッとしたりする。世の中がで電力不足になったらどうするんだ!?とか、無駄な反論をしてみる。そして、やっぱり火のある暮らしがいいやといつも思ってる。ガス会社様がなかったらコージ君は生まれなかったし、愛すべき燃八くんも、大源師匠もいなかった。

先日息子が何かの話のついでに言った。
「お母さんが億万長者になったら、うちは燃料電池にしようね!」
って。心でこんなにガスを愛してくれている息子の気持ちがうれしかった。

(ちなみになぜ億万長者なのかと説明しますと、一生の間に一億円あれば、とりあえずは大きな心配はなく生きていけると考え、人生の貯金の目標額を一億円と設定しているわけです。しかし、どうやって一億円貯めるのかという具体的な計画は全くできていません。そこで子供達に「お母さんの夢は?」と聞かれるたびに「億万長者」と答えているわけで、息子は何かあるごとに「お母さんが億万長者になったら」と言う話をするわけです。まあ、「宝くじが当たったら」なんて話をどこの家庭でもすると思いますが、それと同類です。しかしよく計算してみたら、自分があと50年生きるとしたら、一億円は年に200万にしかならなくて、一ヶ月で使える額は16万6千円で、その額から燃料電池の使用料を支払うのはどうも無理っぽい気がします。2億円くらい貯金ができたらどうにか導入を考えられるって感じでしょうか?意味のない長い説明、失礼しました。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。