-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-17 19:41 | カテゴリ:万博後の我が家
ずいぶんお久しぶりの日記です。

長い間日記はお留守になっていましたが、
その後も我が家とコージ君達との素敵な縁は切れることなく、
日記に書けていないけれども、ライブに伺ったり、
お手紙やメールでの交流が続いています。

間もなく愛・地球博も8周年になりますが、
こんなに時が流れても、
今もあたたかい交流が続いている事に感謝です。

事に毎年ホワイデーは、娘にとって、私にとっても
1年で一番心のあたたまる幸せな日かもしれません。

毎年毎年本当に律義にコージくん達から何かが届き、
娘は幸せのあまり1日中ハイテンションで
でれ~~~とニヤついた顔で過ごす事になります。

なんだかな・・・、
コージくんとは愛・地球博の終わりとともに
離れ離れになったけれど、1年に一度この日だけは
毎年必ずつながっている事を感じられる、
七夕の織姫と彦星みたいな・・・
そんな思いもします。

さて、今日またコージくんがひとり、
ご結婚されます。

役者としても、役者でない時も
いつも変わらずとても素敵なコージくん達。
そのコージくん達に、こんな日が来るのは当然だよねと
娘も納得して、心よりのお祝いを言いたい気持ちでいます。

私からも、本当におめでとうございます

末永くお幸せに・・・



スポンサーサイト
2010-09-23 02:27 | カテゴリ:万博後の我が家
さて、話は戻りますが、1幕が終わって15分の休憩中、
ロビーに出ると気になることがありました。

「本日出演者との面会はありません」の張り紙。

「出演者との面会はないので、贈り物はこちらへ」のカウンターと係員。

舞台が終わったら園田さんと会えると思い込んでいた我らは焦りました。
会えるつもりですべての用意をしていたので・・・。

客席に戻り、娘に事情を話し、
口頭で伝えるつもりだった事はひとまず手紙にしてみることにしました。
とはいってもレターセットとか持って来てませんし~

偶然娘が持ち歩いてたメモ用紙と、
モリコロがついてたので、かわいくて
偶然銀行から持って来た銀行の封筒・・・
そんなのしかない~

休憩中にパンフレットを見たら、園田さんの紹介のところに

   好きな食べ物:チョコレート

って書いてあったの。

それで娘と、
「ねぇ、園田さんってチョコ好きだなんて聞いたことないよね?」
「もしや、これって請求なんぢゃ~・・・・」
とか、くだらない事言ってたの。
それで娘がそんなくだらない事を手紙に書いてしまったらしい。おーい

終演後、ロビー周辺はやっぱり出演者が出てくる様子ありません。
即席で書いた手紙と持って来たものは贈り物カウンターに預けて
ひとまず外に出ました。

娘も終演後に会えると思いこんで来たために、どうにも諦めがつかなくて
出てくるとしたら、搬入口か?
と思った私は、娘としばらく搬入口で待ってみましたが
オーケストラの人が2-3人出てきた以外は人気(ひとけ)もなし・・・

「他の所から普通に帰るんぢゃ・・・?」
「中で打ち上げでもやってるかな?」

色々考えたけど、出てこないみたいなので帰ることにしました。

先ほどまで「あの 海の向こうに 何があるのか~」とか、
上機嫌で歌ってた娘が、急に元気がなくなり・・・、

ガスパビまで行ってコージくんに会えなかったときのように、
それはそれは落ち込んで・・・、

昼も夜も食べてないから、何か食べて帰ろうと言うのに
「なんにもいらないっ!お店入っても食べないよ!!」
と言い張る。

あげく、
「私、大人になったら東京に住むもん!!
 それで東京のコージくんに会うからいいもん!!」

  ・・・と、東京コージに逃避宣言・・・


この前コージくんとデートした場所を偶然通りかかったら、
無料でジュースを配ってて、それをもらって
沈んでた顔が少しだけ回復した。

「ほら~、ここだよ~、コージくんと会った場所だよ!」
と元気づけようとしたが、
「今コージくんがいないから意味ないしっ!!」
と怒られるし・・・。

  最後はちょっと悲しい結末でしたわね

あれから数日経って機嫌も直り、
ミュージカルの歌をあれこれ歌ったりして、
ミュージカルが楽しかった思いに浸ってる娘です。

今回のはホント、「海の向こうに」のサントラCD欲しいわ~
歌がどれも、とっても良かったです。


2010-09-22 04:26 | カテゴリ:万博後の我が家
さて、幕が上がりました

舞台は夏のビーチ
園田さんは海の家の店長の役だと聞いていたので、
もう最初から舞台向かって右手の
海の家「GORO」の方向ばかりを凝視です

夏のビーチに、カラフルな水着を着た女の子たちが、
楽しそうに出てきて歌っては踊ります。
とても明るくて、陽気で、楽しそうな舞台
これよ、これよ、これこそミュージカルよ~~~

  内心ワクワクです。

物語が始まり間もなくして、
やっぱり舞台右手の海の家から出てきた園田さん(いや亮太)、

今回まさに最初から最後までずーっと物語の中心人物でありました。
軽快で、元気な演技が続きます。

海の家の前の階段4段を、ス~ィッと飛び越えたり、
床からいきなり椅子に上にヒョイッと乗ったり、
とにかく動きが軽やかなんです・・・
横の娘がその都度「すごい!軽い!うわ~っ」と
感嘆の声をあげて驚いてます。

物語はだんだんとシリアスな方向へ、
そして問題の核心へと迫っていきます。

園田さんの悲痛な演技、そして悲しいソロの歌へ。

・・・泣けました。海の家の前でのソロの歌のあたり、
もう涙止まりません・・・
ハンカチも既にぐちゃぐちゃ状態です・・・。

ミニコージ娘も、ちょっとだけ大人になりました。
もう物語の意味もしっかり理解できるみたいです。
「悲しいね、泣けちゃった・・・」って。

ミュージカル全体は、とっても面白くて楽しかったです。

鈴木建設の社員達とか、生物部の3人には大ウケしてました。
さくらちゃんにもめっちゃ笑わせてもらいました。

亮太の両親、頭はげた親父さんと、
普通の主婦っぽいおばさんが、
歌い出すと、いきなりめっちゃ歌うまくて・・・
そのギャップにひっくり返りそうになりました。

娘も家に帰ってからも、
「それでね、ドアが外れちゃうの!!」
「ドン!って飛びあがったら
園田くんたちもみんなピョン!って飛び上がるんだよ!!」
と、兄に話しながらいつまでも笑ってました。

「でもね~、なんで3人はカメになっちゃったのかな~??」
そこは私も疑問符付いたままなんだけど・・・。

カーテンコール、思いっきり拍手しました

舞台の真ん中に立つ園田さんが、
とても輝いて見えて、素敵でした

千秋楽だったせいか、これでもか、これでもかと
思うくらい続くカーテンコールで
娘も私も手が腫れてしまいましたわ・・・。
(まだ痛いくらい・・・)

大きく手を振る園田さんに向かって、
娘といっぱい手を振りました。

あ~、よかった~、楽しかった~!!

(そして、まだ続く・・・)
2010-09-22 03:03 | カテゴリ:万博後の我が家
元コージの園田さんが、ミュージカルに出られる、
しかもまたしても主演とのことなので、
娘と一緒に見に行ってきました~

コージ君行事はなぜかいつも一定の時期に固まってあります。

前回の感動のミュージカル「トーキー・トーキー」から
早1年半が過ぎたのですね。
そしてまた今回、主役で出られるとは・・・素晴らしいじゃないですか

9月20日千秋楽の舞台を見せていただきました。

場所は名古屋市青少年文化センター、アートピアホール。
1年半前のミュージカルの時は会場を間違えるという
とんでもない事をやらかしてしまったので、
今回は念入りに会場の名前を確認、地図で場所もしっかり確認して、
地図を見ながら行ったのですが・・・、

今度は会場への入り方がさっぱりわからない~~~

地図では確かにその場所のはずなのですよ。
下の階には名古屋市青少年文化センターの搬入口もありましたのよ。
下に搬入口があるなら、当然その建物の上がホールだろうと思うのに、
その上の階に入ると、場所の名前が「ナディアパーク」なんです。
それで、「ナディアパーク」の中をウロウロ探し回るも、
名古屋市青少年文化センターも、アートピアホールなんて名前もどこにも出ていなくて、
観客らしい人々もどこにもいなくて、完全パニック!!

再度下の階に戻り、搬入口から出てきた車を捕まえて
運転してる人に「アートピアホールの入口はどこ?」と聞いてみる。
そしたら、ナディアパークの11階なんですって・・・。

ナディアパーク2階の広~いスペースから
エスカレーターに乗って上の階に行き、
上の階からエレベーターに乗ると行けるんですって。

もうちょっと、ミュージカルのチラシや、チケットや、1階の搬入口や、
2階へ上がる階段のあたりや、2階のナディアパーク入ったところや、

そのあたりに一言でも この11階

   ・・・だと書いといてくれませんか~~~

あんなに余裕持って来たのに、席に着いたら開演1-2分前・・・。
毎度こんなんだ・・・あーあ・・・

(またしても開演前までで、次へ続く)
2010-09-21 00:40 | カテゴリ:万博後の我が家
2010年9月10日

愛・地球博が終わって丸5年が過ぎようとしていたその日、
すごい事が起きました・・・

うちのミニコジ娘とコージ君がデート!!
・・・することに・・・

といっても娘はまだ小学生ですから、
お邪魔な母がついて行きましたのよ~ん

日頃東京で活躍されているそのコージくんとは
なかなかお会いする機会もなく、
今回、ガスパビリオンの同窓会があるとのことで
急遽名古屋へ来られることになり、
その前日に娘と夕食をご一緒させていただきました

白いシャツを着て現れた(元)コージくん、帽子とメガネがないと、
すっごいハンサムで素敵なお方ではありませんか~

愛・地球博が終わって5年間、
直接お話する機会など一度もなかったので
「聞きたい事いっぱいありますね~。何から聞こう・・・」

と言いつつ、最初の質問
「Yコージくんは、一体どんな人??」
(いきなり、なんだ、その質問?!)
とにかくYコージくんが今まで不思議で・・・
(展示ホールじゃミニコージの前を毎度素通りするわ、
ホワイトデーにインスタントラーメン送って来るわ、
他にも色々不思議で仕方がない・・・)
一緒に住んでたコージくんなら知ってるかなと聞いてみた。

その他、ガスパビリオンの思い出話などで大いに盛り上がりました。

娘の方は最近、某歴史漫画に夢中なので、
歴史に超詳しいこのコージくんと、そっちの話でも盛り上がり
(母にはチンプンカンプン・・・)
本当に楽しいひと時を過ごさせていただきました。

帰り際には、一緒にサンシャイン栄の観覧車にも乗っちゃったよ~
(きゃ~、なに?このデートっぽいシチュエーション)
・・・と思ったりしたが、なにせ親子+コージじゃ変な感じ・・・。

5年は長いが、5年はまた一瞬で埋めることもできる時間なんだなと
そんなことも感じました。
元コージくんと

ありがとう



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。